地震の影響を受けにくい

地震の影響を受けにくい

地震の影響を受けにくい 日本で倉庫を用意する場合、頻発する地震の影響を考えなければなりません。基本的に地震は建物が重ければ重いほど、その分影響が大きくなります。重量がある建物は上部の方まで、しっかりと揺れを伝えてしまうからです。そのため鉄筋や木材を使用した建物は、その揺れでも倒壊しにくいように、一定の基準をクリアしなければなりません。
それに対してテント倉庫だと、使用されているフレームや生地を構成する素材は比較的軽いです。したがって重さによる揺れの影響が少なく済みます。その上テント倉庫にはある程度の柔軟性があるため、程良くたわむことで揺れの衝撃をある程度吸収することができます。そうして倒壊のリスクも下げられるでしょう。もちろん絶対に影響を受けないというわけにはいきませんが、被害を少なくすることには繋がるはずです。テント倉庫には耐震基準をクリアしているものもあるので、もし揺れの影響を考えるのであれば、その規格に見合った製品を選ぶと良いでしょう。

テント倉庫に追加できるオプションについて

テント倉庫に追加できるオプションについて テント倉庫は、使用目的や保管するものなどに合わせて様々なオプションを追加することも可能です。追加可能な内容は施工会社によって異なりますが、多くの会社では出入口の数を増やしたり、扉の種類を引き戸やカーテン、シャッターなどに変更することができます。加えて、窓(サッシ窓・や光窓など)・ベンチレーター・吸気口・ひさし・雨どいなどを追加で設置できるケースが大半です。
これらを設置すれば、テント倉庫をより便利に使えるようになるとともに、テント倉庫が持つデメリットを和らげることが可能です。例えば、テント倉庫は夏場に室内が暑くなりすぎる、室内と室外の寒暖差により結露が発生して保管物に悪影響を及ぼす可能性があるといったデメリットがあります。しかし、サッシ窓やベンチレーターを設置しておけば、これらのデメリットをある程度解消することができます。なお、どのオプションを追加すべきかは個々のケースによって異なるので、施工会社と相談して何を追加すべきか決めるとよいでしょう。